良寛和尚の

『丁度良い』


 

お前はお前で丁度良い。


顔も体も名前も性も、

それはお前に丁度良い。



貧も富も親も子も、

息子の嫁もその孫も、

それはお前に丁度良い。



幸も不幸も喜びも、

悲しみさえも丁度良い。



歩いたお前の人生は、

悪くもなければ良くもない、

お前にそれは丁度良い。



地獄へ行こうと極楽へ行こうと、

行ったところが丁度良い。



うぬぼれることもなければ、

卑下することもない、

上もなければ下もない、

死ぬ月日さえも丁度良い。



御仏と二人連れの人生が

丁度良くないはずがない。


お前にそれは丁度良い。






 

自力開運クラブの座右の銘とします

2017年7月7日