戻る


■自力整体【矢上裕】のすすめ



心と体は同時に進化する!

自力整体日記11
●大腸様のために


●大腸が一番いい状態にあるときというのは
朝起きて20分ぐらいの間に、肛門近くにある普通の便(起き立て排便)がでて
そのあと、大腸の奥のほうにある柔らかい便がでる、朝2回排便が出来ること。

※そして、自力整体を続けると、
一日三食で、一日一回の排便だったのが
一日一食で、一日三回の排便になるのだそうです。

(最近、乗馬を始めたのですが、馬は草しか食べずに、一日に何度も、グリーンのウンチをします。臭くないです。これと同じことなのだろうな。)


今の私は、よっぽどの事がない限り 、朝、たった一回の排便も期待できない。

よっぽどのことというのは、前日大酒を飲み、腸が下痢状態ということで、
それ以外は、定期的な排便というのはないのです。

はるか遠い昔の、高校生までは、確かに朝ご飯を食べると 、我慢ができないぐらい、大量の排便をして学校へいっていました。

バナナを食べたり、コーヒーを飲んだり、タバコを吸うとてきめんに出ていたのですが
その後の数々の不摂生により、私の大腸さまは、完全にひねくれてしまったのです。


●リズムとしては、夜、空腹で眠り、朝はご飯を食べずに水分だけを摂るようにする。
そのときに、野菜や果物などの甘味のあるジュース類よりも、塩っけのある、味噌汁などを飲むようにしたほうが、交感神経を刺激して、便通が良くなるのだそうです。



●薬で強制的に出さない事。

便秘薬を飲むと、なんと、身体で作られる便の量が減ってしまうのだそうです。

便を作る力そのものが衰えてしまうから、食べても食べてもトイレに行かない人は、便そのものが作られていない、・・・、じゃあ、食べたものはどこいっちゃうの?


それは、体中にちらばって蓄えられてしまうのです。
そして、このとき、毒素分解作用の任務を持つ肝臓が、ものすごく大変な思いをして、大腸のサボりをカバーしているっていうじゃないですか、矢上さんは。


だから、ひどい便秘の人で、顔色が良かったり肌がつやつやの人はいないのです。
私は、そんな肝臓の気持ちも知らず、ひどいことをしてました。




●また、食物繊維のものを食べるといいといわれていますが 、これもちょっと?マークがついているんだよね。

便通命令は、交感神経が行っているのだから、食物繊維を一生懸命食べるよりも、その交感神経を活発にさせる方法を選択したほうが、大腸にはいいようなのです。


じゃ、どうすんの?っとなると、

●交感神経を高めるためには

1、甘いものをやめ、塩っけのものを摂る。
2.夜更かし生活から、朝型の生活に切り替える。
3.深く十分に眠る。
4.満腹状態を作らず、いつも余裕を持って少しの空腹状態を維持する。

こんな方法があるようです。

まいったな、、どれも自分でしっかり管理できるものばかりで、いい訳できないじゃん。


だがしかし、頭で分かっていても、 凡人はなかなかそれを実行する事ができない。
甘いもの食べたい〜!おなかいっぱい食べたい〜!なのだ。



●私は、3番の朝型生活はしているし
甘いものもそれほど欲しがるわけではないから
『良く寝る』、『深く寝る』、ことが交感神経を活発にさせるために必要な課題。


ウツ病や、情緒不安定の人というのは、自己管理ができず、食生活と睡眠がめちゃくちゃだから、
こういった環境に無理やり押し込んでしまうといいんだろうな。


行った事ないですが、刑務所生活なんか
体の機能を整えるのに、絶好の場所ではないだろうか・・・。













2007年11月28日



戻る