戻る


■自力整体【矢上裕】のすすめ



サボってみて初めて気づく、自力のすごさ

自力整体日記27



昨日、6月2日の夜、久しぶりに自力整体をやって寝ました。

結論は、自力整体は、やっぱり 『ただ者ではない!』 ということです。

失ってみて初めて気づく、親のありがたみ、
じゃないけれど、サボってみて初めて気づく自力整体のものすごさ!

改めて、深く感動しています。




4月の4日に、横浜で行われた矢上さんのセミナーに出て、

そのあと、2回ぐらい自宅で自力整体をやって、

なぜかそれから、ず〜〜〜〜っと、サボってしまった。

4月の半ばぐらいから5月はずっと、自力整体をやらなかったのです。


やる気がおきなかった。

「やっぱ、90分は、長いよ・・・」と、振り出しに戻っていた。


だけど、身体は確実に自力整体で体感した「解放感」のようなものを覚えているので

「やろうよ、そろそろ・・・」


と私の心に訴えかけていたのです。


でも、

その肉体の声を無視して、50日は、サボったな。。。


久しぶりに、足を大きく開いて膝に手を当てたら、

ギギギギギ・・・・・、と身体がきしんだけど、

「あ〜〜、きもちい〜〜、いたきもちい〜〜〜」と言っていた。



矢上さんが、横浜のセミナーの時に


「この、自力整体を開発した人、すごいなって、思うんだよね。」

「我ながら、いつもそう思うんだよね。」

と言っていましたが、

「本当に、その通りですね。」と思います。















2008年6月4日



戻る