top


self-study


◆氣のはなし

運氣とは、氣の流れを意味します。

氣の巡りがよく、氣が充実することにより、

運氣は自然と良くなります。

氣の流れを滞らせ、消耗させるのは、雑念です。

雑念とは、未来の計算です。







 

■氣とは?



目に見えないですが、生命のエネルギー、つまり生命を維持するための動力と考えます。





■人は三種類の氣の影響を受けます。


1.先天の精氣気:遺伝的要素が強く、考え方、教育、生活習慣などに影響します。

2.水穀の精氣(穀氣):食べ物や飲み物などから得る氣。

3.清氣:自然環境から受ける氣。





■『氣』と占い


四柱推命では、身旺(みおう)や身弱(みじゃく)という考え方があります。

我が身の五行の氣が強い生まれをしているのか、否かという観点から判断しますが、

日干と同一五行の月に生まれ(月令を得ている)

天干に比肩が一つでもあり、さらに五行バランスで日干が強い人は、

『氣』の世界で言うところの、持って生まれた自我のエネルギー、

つまり【先天の精気】というのが強い生まれであると、ここでは判断します。





■良い運氣


『氣』も占いも、強いから良い、弱いから悪いといった判断はしません。

その巡りが良く、常に充実した氣が潤沢に流れていることを良しとします。

これを、良い運氣といいます。

氣のエネルギーが強まったら、それを巡らせる必要があり、

氣のエネルギーが弱まったら、充実させる必要があります。

氣のエネルギーのバランスが良く循環すれば、

自然と調和し周囲にも良い影響を与え、周りも良い運気に導くことができます。





■『松(ソン)』と『静(ジン)』


『松(ソン)』は、体をリラックスさせること

『静(ジン)』は、頭をリラックスさせること。

この二つが、『氣』の充実と巡りに必要なことです。



『松』の、身体をリラックスさせると、毛細血管の血流量が30%増加すると言われています。

激しい運動をすれば、当然、動脈の血流はよくなりますが、毛細血管にまで行きわたりません。

身体の隅々まで血液をいきわたらせ、真に体をリラックスさせるには、

毛細血管の循環を良くする必要があります。

毛細血管の循環がよくなれば、全ての体内臓器の血流もよくなります。



『静』の、頭をリラックスさせるには、何も考えないことが求められます。

頭から必要のない雑念を取り除いていくことが最も重要です。

雑念とは、未来の不安要素の計算です。

「でも、こうなったらどうしよう」といった未来の計算は必要ありません。

頭をリラックスさせるには、身体のリラックスが必須です。

氣の世界では、数千年の実践歴史の中で、

生命は静止にあるという真理を示してきたと言われています。





■氣の調整


リラックスし、氣を高めるためには、三つのことを調整すると整ってきます。

1.調身:姿勢を調整する。

2.調息:呼吸を調整する。

3.調心:意識を調整する。



調身は、正しい姿勢を求めるのではなく、

自分にとってリラックスできる姿勢をいいます。

調息は、難しい法則の呼吸法ではなく、自然な呼吸をいいます。

調心は、良くなろうとか目標を定めるなどのイメージトレーニングではなく、

何かに集中するのではなく、リラックスさせることがポイントです。

正しいか正しくないかとか、人はどう思うか、よりも、

自分はどうか、それは気分がいいか、といった、自分の感覚を大事にすることです。








































 
 
 




























 





【木】精神・情緒
季節は春を表します。春は肝の機能が盛んになる時期ですが、
精神や情緒も不安定になり、肝の裏側の胆も病んできます。

疲れが目に出やすく、筋肉や爪にも反応が出ます。
顔色が青くなると、肝機能に異常があると考えることがあり、血液の流れに問題が出てきます。

イライラしたり、怒りっぽい、憂鬱、不安感、悪い夢を見るなどの症状が出やすくなると、
木の五行が司る肝胆の機能が弱まっている危険性があります。

●食べ物:『酸味』は、木(肝)を養う。
木の働きを良くする食べ物は、酸味のあるものです。
酸味は、収斂(縮む)や固渋の作用があり、
汗や尿、便などの排せつ物を必要以上に排泄させない収斂の作用、
多汗、寝汗、心悸、慢性の咳、夜尿症、頻尿、下痢、などの
慢性的な病状を収め固める働きがあります。
酸味は、唾液の分泌も良くする作用があります。

レモン、いちご、りんご、梅、柿、お茶、酢、トマト、ヨーグルトなどです。
これらを適度に摂取するのが好ましく、取り過ぎると胃を弱め筋肉を萎縮させてしまいます。



【火】睡眠・思考・脳
・『苦味』は、火(心)を養う。

【土】消化・吸収・氣の貯蔵
・『甘味』は、土(脾)を養う。

【金】体力・免疫・自律神経
・『辛味』は、金(肺)を養う。

【水】生命力・老化・造血・ホルモン
・『塩味』は、水(腎)を養う。






























自力開運top