トップページに戻る


   【陰陽投資術】 
 A5サイズ 188ページ
 定価34,000円 
 →特価:
18000円
 

2015年2月1日刊行
希望を描けない時代を、どう判断し、どう動いていけばいいのか、
年金問題や高齢者問題、格差社会の未来にどのように備えればいいのか、
真の投資とは?、真の豊かさとは?
自分さえ良ければそれでいいという乾いた個人主義とはちがう、
我々日本人が持っている、誇り高き魂を、ひとりひとりがもう一度取り戻して欲しい、
そんな思いがこの書籍を作成した動機です。 2015年5月 マザー紅竜

   



 
◆2015年4月19日
国が何とかしてくれるはず、政治家が町をよくしてくれるはず、雇用を安定させてくれるはず、
保育園を作ってくれるはず、年金を払ってくれるはず、正社員だと安全なはず、夫が養ってくれるはず・・・、
このサイトに興味を持ってくださる方は、そんな考えをすてて、
ひとりひとりが自立して自分らしい生き方をしていくと、世の中どうなるのだろう・・・と考えていこう!

八重洲サロンから、ちょっと日本橋方面に散歩にでかけると、
かつては大名行列の花道であった由緒ある日本橋の上に、
日差しを遮る首都高の都心環状線が走っていて、騒音をまき散らしています。
この首都高がなくなるだけでも、ずいぶん町は違うと思う人はたくさんいても、
その先は、政治家のせい、国のせい、どうせ変わらないとあきらめて、文句を言うだけになってしまいます。
しかし、ひとりひとりが、その考えを捨てて、自分にできることをやっていこうと行動し始めたら、
なにか大きなうねりを起こせるような気がしてきませんか!

そのためには、ひとりひとりの自立が必要です。経済的自立と、精神的自立の二つ。
経済的自立は、本書にも書きましたが、長期投資の実践をおすすめします。
そして、精神的自立に星平会海による星の解釈の仕方が役立ちます。
星平会海という占いが、自力を呼び起こすのではなく、解釈の仕方が自力を発奮させると考えてください。
半年を目安に、勉強してみませんか?そして、それを一緒に広めていきませんか?
プライベートレッスンご希望の方は、スクールの方をご覧ください!
(2019年6月現在・プライベートレッスンは行っておりません)





※こちらのファイルは在庫がなくなりました。
A4サイズのファイルです。
人の生まれによって、みんな個性があります。
長期投資の場合、どの星が、どんな状態になった時に始めればいいのか?
銘柄選びは、何からヒントを得たらいい?
はじめの一歩を、いつ、どう出したらいいのか迷っている方には、とてもいいかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。
※在庫がなくなり次第、このプレゼントは終了します。おはやめにどうぞ〜。

 





















 















私が、ある企業に長期投資を始めたのが、2007年の8月からでした。
その頃は、株がどんどん下がっていくころで、
もう、上がるだろう、もそろそろ上がるだろう、
これだけ下がったんだから、もう上がるよ、
そんな期待を込めて、3社ほど企業の株を買ったことがあるのですが、
もう上がるだろうどころか、どこまでも下がり続け、
とうとう2009年のサブプライムやリーマン・ショックのおかげで、
ドカドカドカン!と下がり、
投資したお金が米粒のように見えなくなってしまったことがあります。


その時に、長期投資というのは、
応援したい企業に投資する、という基本を思い出し、
私が始めた投資の中では、本当に応援したい企業は一社だけだったので、
ここだけは応援するつもりで続けよう、
そう思って、わずかずつですが投資し続けてきたのです。


それが、今になって大きな利益となっていたのです。
実は、もう、あまりにも下がるので、
応援する気持ちだけが継続していて、
どのぐらい利益が出ているかということは、
私の場合、あまり気にしないようにしていたら、
忘れてしまうぐらいになってしまって、ほったらかし状態でした。


今回この陰陽投資術の本を書くにあたって、
2007年当時のことを思い出すと、
長期投資というものがあると教えてくれた天野さんの、
当時は、海のものとも山のものともわからない
アドバイスを信じて来て、本当に良かったと思っています。

今、2007年から始めた長期投資の評価の価格が、
え〜〜〜、なにもしないでこんなに増えてるの!
というぐらいになっています。
そして、ようやく長期投資の意味がわかりかけています。


これまでは、お金というのは、コツコツ働いて貯めるものだ、
投資は博打だから、博打で作ったお金は身につかない、
そんな言い方をされていましたが、
長期投資は、応援したい企業にお金を預けて、
その企業にどんどんいい仕事をしてもらって、
企業とともに株主も成長し、潤っていく、
そういっった考え方なので、博打とは、もう入り口からして違います。


なので、私はすんなりこの長期投資の仕組みがイメージできたのですが、
頭のカタイ、ウチのダンナは、2007年当時、とんでもなく否定的で
はなっから、損したらどうするんだよ、本当に上がるのかよ、博打だぞ株は、
と聞く耳持たずで、話になりませんでした。
なので勝手にダンナの分も、
ヘソクってあげるつもりでこっそり投資していたのです。
大正解でした。






この書籍は、2014年12月にフォーチュンソフトで販売された
陰陽投資術というDVDを元に作成し、
天野雲海さんの依頼により、
心理四柱推命と心理占星術という項目に占いの象意を組み込みました。
占いの部分は紅竜が担当しましたが、
本文で『筆者』となっている部分は、全て天野さんのことです。

こういった経済の本というのは旬がありますので、
時間が経って読んでもあまり意味がありません。
なので、それ程冊数を印刷する予定はありませんので、
ご興味のある方は、この予約特価の安い時にご注文されたほうがいいかと思います。




■特に、女性に読んでほしい内容です

自力とか、自立というのは、
精神的な自立と、経済的な自立がセットとなっています。
つまり、『ワタシ、精神的には自立しているけど、経済的には自立出来ていない、』
というのは、あり得ないということです。

そこで、占いを生業にしていきたいと考えている女性の方を始め、
子供の教育費、家の住宅ローン、生活不安を抱えている人、
経済的に自立したいんだ、そうすれば離婚ができる、
男の人に頼らないで生きていきたい、
夫に遠慮無くおいしい物も食べたい、頑張っている自分にご褒美もあげたい、
子どもたちにもお金の心配せずにやりたいことをやらせてあげたい、
好きな旅行にも自分のお金でいけたらいい、
そんなプチ贅沢も、お金があればできます。ファッションだって着飾ることだってできます。

しかし、お金を得るには働かなければならない、
しかも、働くったって何の資格も能力もないから、パートに出ることになると、
労働時間の割に、給料は雀の涙、くたびれて帰ってきても、
休むまもなく食事のしたく、子供の世話などにおわれて、
毎日、ただバタバタと時が過ぎていく、
そんな毎日が当たり前だと思っている方は、ぜひ目を覚まして下さい。

自分は、ただ投資するだけで、
他、何もせずにいるだけでお金が勝手に稼いでくれるというのが長期投資です。
何かの時のためにとか、
やりくりして、へそくったお金をタンスにしまい込まないで長期投資に回しておけば、
自然とお金が増えていくって知らない方がほとんどだと思います。





■占いで生計を立てていくのは非常に難しい

ハッキリ言って、占いだけで生計を立てていくのは、非常に難しいです。
占いハウスに所属すれば、半額はオーナーに持っていかれるし、
電話占いも同じです。
じゃあ、自分でどこか場所を借りるとなると経費がかかるし、
経費のかからない自宅で、となっても、変な人が来たら困ります。
変な気も置いて行かれたら、家族にも迷惑がかかる、
結局、占いの勉強はしたけど、仕事にはできていない、
そんな方たちが、この業界にはたっくさんいます。
占いだけではなく、今流行りのスピ系、アロマ、ヒーリング関係は、みんな同じですね。

そこで、何とか無理矢理でも頑張って独立してみても、
儲けを出さなきゃいけないから、相談者にリピーターになってもらうために、
相談者の不安を煽ったり、高額な商品を売りつける霊感商法的な商売のやり方に
手を染めていってしまう人が多いのが現実です。


しかし、経済的に自立していると、そうはならなくてすみます。
その経済的背景を何で作るかというと、
それが本書で説明している長期投資なのです。





■私もちょっぴり( ・∀・)イイ!!思いしてますよ!

私も、2007年ごろから、本書の元となっている天野雲海さんに進められて、
いくつかの企業の株を購入したことがあります。
しかしその頃は、応援したい企業というよりも、
儲かりそうな企業を選んだので、見事に株の暴落の波に沈んでいってしまいました。
その企業以外、株を購入する元金もあまり持ち合わせていなかったので、
私は、別な長期投資の方法を始めました。
それ以外は、一切手を出さないと決めて続けてきたのですが
それが、今、ものすごい利益をだしているのです。

始めた頃は、投入した金額よりどんどん評価価格がさがるので、
本当に大丈夫なのかな・・・という不安感はたしかにありましたが、
その会社を応援したい!
社長の人柄がとにかく大好き、社員の人たちもみんな気持ちがいい、
その単純な気持ちだけが常にありましたので、
ずっと、続けることが出来ました。
これは、私の戊という星の特徴です。感情的に信頼できると感じると続けられるのです。

まったく、お金に音痴、経済なんか大音痴な私でも、
長期投資ならできるのです、それを実感しています。





■男の人がもたもたしている間に・・・

自分も潤い、家族も潤い、企業も潤い、町も国も潤うという循環を
じゃあやってみましょう!
と素直に始められるのは、女性です。
男性は必ず頭で考えて、ちょっと様子を見て、
理論的にあっているかどうかを考えて、
結局何もしません。

ウチのダンナがそう。
バカにしていましたから、今の時代(株が下がっている頃)にそんなことあるわけないだろう、
金なくなったらどうするんだよ!って。

でも、男の人を納得させるような理論的な経済の説明は私にはできないから、
ダンナはシカト、自分だけやろう・・・、と思ったのですが、
将来、ダンナのお金がなくなると、それは結局ワタシに被害がくるので、
実はダンナに内緒で、ダンナの分も投資していたのです。

今、うちのダンナは、同じ土建仲間に、「いいよ長期投資って」宣伝してますよ。
「でも、あいつら、わかんねーんだよな、相変わらず株は博打だと思ってるんだよ」、
と、ぬかしやがった!
かつて私がダンナから浴びせられた言葉を、いけしゃあしゃあと話す話しっぷりに、
おまえ・・・・(●`ε´●)と思いつつ、
もっと宣伝してくれよと思っています。





■女の人の生活感覚が最高の銘柄発見能力!

お醤油ひとつにしても、洗剤ひとつにしても、
実際に使ってみて、ここの会社のがおいしい、
この会社、また良くなった、今度の洗剤よく落ちるし静電気が起きない、
そんな、何気ない生活をちょっとでもよくしたい、という感覚を、
理屈じゃなく持っているのは、女性しかいません。
だったら、その会社を、応援するつもりで、
投資すればいいだけのことなので、
本当に、カンタンなのです、女性にとって長期投資は。

毎日使っているこの商品の会社がなくなったら困るし、
もっといい商品を開発してほしい、
そんな思い入れたっぷりに企業を応援する、
株が下がった時は守ってあげる、
育ててあげるというご自分の感性を
本書で刺激してください。
すぐに活発に動き出すと思います。





◆心理四柱推命と心理占星術


本書で、心理四柱推命と、心理占星術と、
占いについて象意の説明をしていますが、
占いの知識がほしいと思っておられると、少し物足りなく感じるかと思います。
しかし、占いも投資も、
結局、理論の勉強をしていると、人がわからないし、投資も儲かりません。

なので、『理』ではなく、『気』が大事!

人のことを知りたい、相談者のことを分かるようになりたい、
そう思われる方は、非常に勉強になるかと思います。

私のサイトに、投資に興味があった入ってくる方は99%いないと思いますが、
この本を読んだら、おそらく、自分も投資してみようか・・・、
と思われる人が、増えると思います。しかも、長期投資ですね。
短期はやめたほうがいいですよ。
金、金、金の欲望にまみれています。
ギトギトしていて、アブナイです。

でも、長期投資は、ガツガツしていなくて、
ほんとうの意味で、応援したい企業にお金を出資して、
その企業の業績が上がれば、自分の持っている株の価値も上がっていくという、
本来の株式投資のあり方のまま、企業も、株主も、儲かるという仕組みです。






◆企業選びが大きなカギをにぎっています。

企業を選ぶ際に、
自分にはどのような企業に惹かれるのか、
選ぶときの癖は?
はまりやすいワナは?
資産はどうすると増えていくの?
安値の時に買えない理由は何?

といったようなことが、心理面からみるとどうなるのかを
心理四柱推命、
心理占星術という項目で解説しています。

一部をご紹介します。






◆心理占星術《星が元気だったらどんな企業を選ぶのか》

●天秤座が元気だと、人とのコミュニケーションの中で、
まだ胚芽の状態の可能性を見抜く直感が育つ。
関わる人の*******

●蠍座が元気になると、人との親密な交流が深まって、
深い絆の人間関係が出来上がる。
信頼できる********

●射手座が元気になると、今持っているものよりも、
もっと高く、もっと遠く、もっと深く、もっと広く、
もっと********

●山羊座が元気だと、『今ここ』に多大なエネルギーを注ぎ、
地域社会の目的を達成するためのエリート集団を結成する。
個人的********

●水瓶座が元気だと、自営業やフリーランスなど束縛されない環境で収入を得て、
既得権益や人権問題などに取り組むようになる。
男尊女卑********

●魚座が元気だと、アートやスピリチュアルや
心を癒やすことが求められる環境に生きていくことができる。
純粋に********












〜〜 目 次 〜〜
■第一章 お金を回す成熟経済のシナリオ
【1】神話の崩壊 20
◆人々の欲望が織り成すのが経済 20
◆レールの時代は終焉した 21
◆心理占星術《自分の個性を生かすには?》 24
◆45年間の経済史を振り返る 27
◆金融のインチキ商品がバレた  31
◆神話がすべて崩壊した 32
◆どうにかなるだろうという甘え 34
◆お金が余りすぎて機能不全に陥った 35
◆Too Big Too Fail 37
◆国民が一番損する仕組み 39
◆心理四柱推命《有能だと思われている人がはまりやすいワナ》 41
◆国の無策で鍛えられたのは日本の製造業 42
◆国がつぶれても生き残るものとは? 44
◆心理占星術《いい銘柄、いい企業を発見するには?》 45
【2】生きているお金と死んでいるお金 47
◆日本のお金は腐りかけている 47
◆世界のお金はどんな状態? 48
◆困るとママ(国)が助けてくれる金融機関 49
◆マザコン金融機関は国民のお金で何を買っているのか? 52
◆借金取りがやってくる日本経済 54
◆被害者はいつの時代も国民 55
◆心理占星術《資産の増やし方》 57
【3】占いも投資も『理』より『気』 60
◆正しい占いと正しい投資 60
◆心理四柱推命《正しい理論探しにはまりやすいパターン》 62
◆心理占星術命《正しい理論探しにはまりやすいパターン》 64
◆心根が卑しいとダメ 65
◆社会貢献している企業探しに命をかける 68
◆脳はマインドの支配下にある 69
◆人を生かすために占いを使う 72
◆心理占星術《元気だったらどんな人生を送っているのか》 73
【4】賢者と愚者の投資術 77
◆賢者と愚者の投資マインド 77
◆賢者のマインドはゆったり 79
◆武将と足軽のマインドの差は大きい 81
◆心理占星術《賢者と愚者のマインド》 83


■第二章 成熟経済=格差社会
【1】拡大する世界経済と日本企業 88
◆拡大するばかりの世界経済 88
◆地産地消の時代 89
◆国の発展にはレベルがある 91
◆M&Aが当たり前の時代 93
◆やっと成熟してきた日本経済 94
◆30年後に大差のつく人生設計  96
【2】肥満体で動けないお金 97
◆金融ビジネスの暴走 97
◆極めて危険な日銀の動き 100
◆愚か者の大衆によって選ばれた愚か者政治家 102
◆ガラガラぽんがやってくる 103
◆一番安全な財産保全の方法 104
◆暴落時に買い向かう勇気 105
【3】お金と心と経済の関係 107
◆お金の心がわかりますか? 107
◆倹約は美徳ってホント? 109
◆豊かな老後が待っているはずだった 110
◆国債がパーになったら誰が得する? 113
◆意識ある人から行動しよう 116
【4】健全なマーケットになってきている 118
◆大蔵省は優秀なはずだった 118
◆大蔵省の金と権力のために国民はいる 119
◆バブルの元凶 120
◆富を生産できないところに借金が使われている 121
◆国の借金を返す4つの方法 122
1.経済成長 122
2.国の資産を売ること 124
3.インフレ 124
4.戦争 124
◆王族のマインド 125


■第三章 成熟経済にふさわしい人格
【1】長期投資で富裕層を目指す 130
◆『理』と『気』の認識 130
◆企業選びは女性のほうが上手? 131
◆トヨタは応援したい企業か? 132
◆本物の投資マインドを形成するために 134
◆1億円や2億円は軽く突破できる 136
◆心理四柱推命《安値の時に買えない理由》 138
◆心理占星術《安値の時に買えない理由》 139
◆お金を持つのにふさわしい人格 141
◆乗馬をするのにふさわしい人格 142
【2】投資に無知な日本人 145
◆銀行はつぶれるというのが世界の常識  145
◆銀行より信用出来る企業の株を買う 146
◆テレビで言わないゼロ金利政策の真実 147
◆今の管理職は上げ相場を知らないド素人 149
◆心理四柱推命《陥りやすいワナ》 150
◆心理占星術《陥りやすいワナ》 151
【3】投資心理学と占い心理学 155
◆100%人生を失敗する方法 155
◆理屈を勉強して恐怖心という感情に負ける 157
◆気を求めて本物の投資家になる 158
◆投資とトレードの明らかなる違い 159
◆プラスサムゲーム 161
◆ゼロサム・ゲーム 163
◆長い時間軸で考える 163
【4】ボーっとしている場合じゃない 165
◆株式市場の構造が変わってきた 165
◆世界から見たら異常な株式の持ち合い 165
◆お粗末な銀行救済の仕組み 167
◆何が悲しくて雀の涙の金利にしがみつく? 169
【5】陰陽投資術のまとめ 171
◆本当のエリート教育 171
◆徹底して星の象意を探求する 172
◆徹底して企業の価値を探求する 172
◆1990年〜2012年は空亡だっ 174