【占い鑑定】では邪道だが【占いカウンセリング】では大いに使える紫微斗数推命の宮の解釈

『良い・悪い』を言い切るのは、占い鑑定の特徴、でも悩んでいる人にはきつい・・・

占い鑑定と占いカウンセリングの違いの一つに、

星の解釈に吉凶をつけるかつけないか、というのがあります。



占い鑑定の場合は、良いか悪いかを言い切る特徴があります。

たとえば持って生まれた能力などの

悪いところは、悪い癖が出ないように、

良いところは、そのまま伸ばす、

運勢的に悪い場合は、何もしない、雲が晴れるまで待ち、

運勢的に良いときは、どんどん前に進むべし、といった解釈をします。




「悪いものは悪いと自覚して、そのうえで努力していくことで成長する」って言われても・・・

「悪いものは悪いと自覚して、そのうえで努力していくことで成長する」

このように、占い鑑定をする人たちは考えておられます。

一見、なるほど、それもそうだ、認めることから始めるべきだ、
そんな風に思うかもしれません。


実際私も占い鑑定をしているときは、

その考えも一理あるか・・・、と思ったこともありました。




『悪い』という言葉の毒にやられてしまう

しかし、実際自分の人生をその考えで生きていると、

『悪い』という言葉の毒に、まんまとやられてしまうと気付きました。

つまり、

『悪い部分』『悪い時期』というものに過剰にフォーカスしてしまい、

悪いからできない、できなくて当たり前、

どーせ、私は・・・・、と投げやり的になります。



悪い時期だから、今、やってみたいと思うことも、

良くなるまでやらない方がいい、

そんなことしているうちに、

何がやりたかったのかわからなくなる・・・、

わからなくなるどころか、

何かをやる意欲すら失うこともある。





『悪い』を受け入れられる人は救いの星を持っている人だけ


しかし、占い鑑定のほうが、やる気や安心感を覚える人は、

それでいいと思います。


私がこれまで見てきた中で、それを受け入れられる人というのは、

『悪い』が少ない人に限っていました。




『悪い』と言われたことは

『良い』の100倍も頭に残ってしまう
ので、



そうそうきっぱり割り切って、

成長していこうと前向きになれるものではありません。






吉凶を使えるのは卜占だけ


吉凶をきっぱり言い切るのは、


人ではなく、卜占(時や事象をみる)の時だけだ、


そう私は強く思っています。





良い悪いを二分する考えから離れること


その二分する考え方そのものから、離れるようにしなければなりません。

占いカウンセリングでは、その辺をとても大切にしています。


もし、私の星の解釈の文章に『悪い』がでてきたら、

まず、「あった!」気づき、ご自分でどう変換するかを考えてください。






紫微斗数推命の宮を、占いカウンセリグ的に解釈する

基本的に、人物宮(命宮・兄弟宮・夫妻宮・子女宮・奴僕宮・父母宮)などは、

その宮に入っている星のような人を必要としていると解釈します。

もしその必要としているタイプの人がいない場合は、

本人がをそれを演じると考えます。



①命宮

本人の性格、才能、自意識、人生観。

自分で自分のことをどう思っているか。




②兄弟宮(けいていきゅう)

兄弟姉妹や、同年代、同輩、友人、知人のタイプ。

これらの人に自分がとる態度。

ここに入っている星の人たちが必要。



③夫妻宮

配偶者のタイプ。好みの異性。

結婚相手や配偶者に必要なタイプ。

自分が配偶者にとる態度。


④子女宮(しじょきゅう)

子供のタイプ。

無条件に愛情を注ぐタイプ。

子供や無条件に愛情を注ぐ人にする態度。



⑤財帛宮(ざいはくきゅう)

お金の稼ぎ方。

お金の使い方。

お金に対する価値観など。



⑥疾厄宮(しつやくきゅう)

ウイークポイント。

ここに入っている星のようにふるまうと体調をくずす。



⑦遷移宮(せんいきゅう)

ソトヅラ、

対人関係で多い人種。

人にとる態度。そう見られたいと思っている。



⑧奴僕宮(ぬぼくきゅう)

部下後輩のタイプ。

必要な部下後輩。


部下後輩に対する態度。



⑨官禄宮(かんろくきゅう)

会社や組織で望む自分の姿。

会社や組織でとる態度。

会社や組織に望むこと。



⑩田宅宮(でんたくきゅう)

住居や家庭での態度。過ごし方。

家庭内の雰囲気。



⑪福徳宮

趣味、精神性、

心の余裕度。

アフター5の過ごし方。


⑫父母宮

両親や目上の人のタイプ。

両親や目上の人として必要な人。

両親や目上との関係。




次回は、星の解釈をお伝えするよていです

Copyright© 自力開運:占いカウンセリング , 2020 All Rights Reserved.