自力開運

磨けばだれだって光るのか?

禅宗の公案という、修行僧の問題集のようなものがあるようなのですが、

その中のひとつに、「ませんの公案」というのがあるそうです。

師弟関係にある禅僧南岳という僧侶と、

弟子の馬祖の問答で、

南岳:「お前は何をしている?」

馬祖:「坐禅です」

南岳:「何のために坐禅をしている?」

馬祖:「仏になるためにしております」

この馬祖の言葉を聞いた南岳は、おもむろに瓦を持ち出し、

石の上でゴシゴシ磨き始めたのだそうです。

馬祖は、瓦を磨いてどうするのですか?と南岳ににたずねたところ、

瓦を磨いて鏡にするのだといったそうです。

その言葉を聞いて、馬祖はその瞬間、悟ったそうです。

 

この意味は、瓦をどんなに磨いても鏡にはなれない、

凡人がどんなに努力しても、仏にはなれない、

そんな意味にとれそうですが、

 

しかし、この問答にはその先があり、

何故そうするのかとか、何のためなのか、

誰のためなのか、といった思いを捨て、

ただひたすら瓦を磨き続ければ、

瓦だって必ず鏡になるといって、

南岳は、馬祖を叱咤激励したそうです。

 

頭であれこれ理屈をこねているよりも、

毎日毎日の日常の中で、自らを信じて磨き続ければ、

どんな人も輝くことができるという教えは、

私のような理屈が先に立ってしまう癖のある人間には、

とても大切な教えのひとつとなりますし、

また、励みにもなります。

 

 

-自力開運

Copyright© 自力開運占いクラブ , 2020 All Rights Reserved.