詐欺られそうになった

■相手のウソが如実にでていた

 

電話での相談でした。

今、とあるお店で働いていますが、そこの責任者から、名義を貸してくれないかと持ちかけられました。月に15万払うと言っています。今、お金が欲しいので受けたいのですが大丈夫でしょうか?

 

 

もう7年ものお付き合いのあるリピーターさんです。

 

しかし、質問の内容は、占うまでもなく『ダメ』でしょう。

 

今回は、卜占で奇門遁甲を使った事例ですが、

恐ろしいほど、現実が映し出されています。

 

 

質問者は、南の宮にあり、

相手の店の責任者は、坤宮(南西)にいます。

 

 

質問者のところには、『杜門』がはいっており、

何となく疑いの気持ちを持っています。

 

 

八神は『直符』です。

 

金銭的にそれほど困窮しているようにはみえませんが、

お金に関心があることは確かです。

 

 

相手の坤宮には、ウソやごまかし、

詐欺を表す代表格の『騰蛇』が入っています。

 

 

門は『景門』なので、上から目線です。

 

 

もう、この星の配置をみただけで、答えは出ています。

 

 

『ノー!』です。

 

絶対受けてはダメです。

 

 

 

 

しかも、質問者は、

手に力を吸い取られる場所に位置しています。

 

 

相手は、何の苦労もなく、

質問者から吸い上げることができます。

 

 

 

 

 

●時期を見てみる

 

3月は、何とか過ごせても、

 

 

4月に入るともめごとがおきます。

 

 

4月の『傷門』は、

傷つくことを意味しますし、

ギャンブルなども関係してきます。

 

 

名義貸しで、15万のお金はおそらく

6月には支払われなくなります。

 

 

 

やがて相手のウソも完全にばれ、

9月には、身動きできなくなります。

 

 

 

つまり、捕まることもありです。

 

 

 

お金は支払われないばかりか、

罪もかぶることになり、

メリットは微塵もありません。

 

 

 

質問の内容は、占うまでもないものですが、

質問者を納得させるためには、

こういったものを見せることも必要なときがあります。

 

 

 

奇門遁甲は、見事に状況を明らかにしてくれました。

 

 

 

Copyright© 自力開運占いクラブ , 2020 All Rights Reserved.