星平会海資料編

星平会海資料【10】通変星の5分類

通変星の分類

通変星というのは、十干と十干の力関係に名前を付けたものです。

十干×十干=100となり、

実際の通変星は100ありますが、

力関係は5パターンです。

 

それを陰陽に分類して、全部で10種類の通変星が作られました。

 

 

力関係通変星能力人物
比和比肩独立・競争兄弟姉妹・友人
劫財
生じる食神才能・表現子供
傷官
尅す偏財洞察・支配父親・妻
正財
尅される偏官組織・地位夫・目上
正官
生じられる偏印知恵・名誉母親・援助者

印綬

 

通変星は、『星平会海資料6四柱推命の構造』にあるように、

天干と地支に出されます。

 

 

天干の通変星がその人の能力や才能をあらわし、

地支の通変星は、習慣や癖と解釈しますが、

その根本には、

干同士の力関係があることを理解してください。

 

 

たとえば、食神・傷官は、才能発揮という意味がありますが、

『生じる』という力関係から、

自分の持っている能力を表に出し、与えるという働きがあります。

 

 

相生の関係では、もう一つ

『生じられる』という印星の動きがあります。

他の能力を自分に引き寄せる力が印星にはあることがわかります。

 

 

 

四柱推命を読み解いていくときに、命式中の五行のバランスと、この通変星の作用が最も重要となってきます。

 

 

-星平会海資料編
-, , ,

Copyright© 自力開運占いクラブ , 2020 All Rights Reserved.