星平会海資料【22】庚と他の干関係

■古典的解釈も紹介します

 

【庚-甲】相手をきつく尅し傷つけます

偏財

伏宮採残

(フクキュウサイザン)

 陽干同士の剋はよく
対抗し、
発展する

庚の斧で大木を切り倒し木材にしている。

強烈な剋し方だが、さっぱりしている。

貫禄、迫力が備わっており、仕事人間。

春生まれで甲に根があると、切り倒せない。

丁の火で鍛錬されるのを喜ぶ。

 

 

 


 

【庚-乙】相手をきつく尅し傷つけます

正財

日奇被刑

(ニッキヒケイ)

干合しお互い引き合う。
五行の金を生む。

斧や鎌で草花を刈り取りきれいにする。

周りの人間関係や、組織の上下関係などに配慮しながら、

人を統率する能力。

行動力があり、汗をかいて努力する事を惜しまない。

 

 

 


 

【庚-丙】相手からきつく尅され傷つきます

偏官

榮惑入白

(エイワクニュウハク)

陽干同士の剋はよく対抗し、
発展する

鉄板を太陽の熱がじりじりと焼いて、

鉄が曲がってしまう状態。

庚は丙には弱い。

夜になって陽が沈むと元気になり、

動きが活発になる人もいる。

 

 

 


 

【庚-丁】相手から正当に尅され正されます

正官

火錬真金

(カレンシンキン)

庚は丁に鍛えられ
発展する

庚の金属が丁火によって、錬金されている状態。

丁の正しい火で、正当に剋されるので、

自制する能力が高く、丁の知恵や、

礼儀正しさも加わって、

エリートコースを歩む人が多い。

 

 

 


 

【庚-戊】相手から絶え間のない援助があります

偏印

土多埋金

(ドタマイキン)

庚は燥土の戊から生じ
られることはない

金属が山岳から形成される様子。

印星だが、庚の行動力が加わり、

チャンスをただ待つのではなく、

自ら積極的に動き、チャンスをものにしてゆく。

 

 

 


 

【庚-己】相手からうれしくない援助があります

印綬

刑格

(ケイカク)

庚は湿土の己から
よく生じられる

田の土が無理やり金属を形成している状態。

庚の行動力もあり、

そこに印綬の知恵と研究心が加わるので、

短慮なタイプは少ない。

 

 

 


 

【庚-庚】強さはありますが強引で荒々しい

比肩

戦格

(センカク)

庚は庚の力となる

固い金属同士がぶつかり合っている状態で、

荒っぽい強引な行動力を生み出す。

庚は、いくつもあっても、

お互いを助け合うことは出来ないので、

荒っぽい性格の人が多い。

 

 

 


 

【庚-辛】相手を傷つける強引さがあります

劫財

戦格

(センカク)

辛は庚を助けることは
できない

硬い金属と柔らかい金属がこすりあっている状態。

やりすぎて相手を傷つけてしまう。

相手に致命的な打撃を与えても、

自分はかすり傷程度ですんでしまうような、

強引な劫財。

 

 

 


 

【庚-壬】相手に奉仕しますが鋭さがあります

食神

金水傷官

(キンスイショウカン)

庚は壬を生じることが
できる

庚の金属が冷えて水が生成されている。

サービス精神旺盛で、鋭い頭脳の持ち主。

食神の大らかさや穏やかさを持っているが、

その頭脳の切れ味はかなり鋭い。

 

 

 


 

【庚-癸】相手をダメにするような奉仕をします

傷官

大格

(ダイカク)

庚は癸を生じることが
できる

庚の金属が癸の雨を生じることはできない。

計算高く色々と戦略を練る能力があるが、

計画と実際の行動がうまくかみ合わず

要領が良いとはいえない。

庚は癸の雨を喜ばない。