人間関係を占うとき

未分類

人の生まれ日をモダン占星術で見る時、

月は、その人の私生活や本質を表したりしますので、

例えば一緒に住む家族や結婚相手などの関係や相性は、

月を基本的な判断材料として考慮します。

 

シンプルに言えば、月の位置が調和の角度を作っていれば、

それほど無意識部分の問題はなく、

不調和の角度だと、なんとなく違和感を感じ続けるといったものです。

 

しかし、たとえ月の位置が調和の角度を持っていたとしても、

どうも、何かしっくりこないという場合があります。

 

そんなとき宿曜経をみると、摩擦が起きていることが多く、

人間関係を見る場合、宿曜の判断は必要だと、

つくづく感じています。

 

そして、さらに占星術の水星や金星、他土星までの惑星の状態や、

四柱推命などを合わせてみていくと、

どこに違和感を感じているのかがわかってきます。

 

人間関係を整理したい場合は、

宿曜、月、水星、火星、土星、天干と地支、

このあたりを押えるといいのですが、

いずれ、事例を挙げていく予定です。

 

あとは、育った環境など当たり前のことも必須ですね。