宿曜経ー斗宿

この宿に生まれし人は、法として鞍馬を愛し、山林を歴し、祈祷祀を愛し、交わりを賢良に結び、技能多く、銭財に足るに合す。(上巻)

基本的には騒がしさのない静かな宿。「鞍馬を愛し」=遠出や外出、車を好む。「祈祷祀を愛し」=宗教性が高いか、逆に無心論者。「交わりを賢良に結び」=友人、知人には好人物や実力者がいる。技術系の仕事に向き。「銭財に足るに合す」=安重宿なので、それなりの徳分があり生活に困窮はしない。

 

 

 

安住宿に属す

平和主義者で名声、名誉を重んじる。物おじせず堂々としている。

 

 

特徴

「未来を指し示す人」。
北斗七星の意味を持つので人の道を照らす人という意味が生まれた。
癖の無い性格。
インスピレーション。
耳学問の人。
情報は惜しまず公開する。
お人好し。
多くの人脈を持つ。
社交的。
晩成型。
周りの環境に左右される。
直感。
邪心が無い。
金銭欲、物欲がうすい。
一種の徳がある。
周りが盛り立ててくれる。
自己アピールは苦手。
表面にこやかだがしたたかで頭のいい星。
名誉欲はある。
妥協できず孤独。
気が弱い。
だまされる。

 

 

必ず占星術の月の位置も合わせてみる

※斗宿の月の星座は、いて座、やぎ座、みずがめ座のどれかに入る。

  • いて座なら、戦いに強く精神性が高まることをしたがる。
  • やぎ座なら、名誉を重んじ社会に役立つような人間になりたい。
  • みずがめ座なら、ただの伝統儀式や形式にこだわらない、逆に嫌がる人もいる。

まれに、さそり座かうお座に月が入る場合がある。
その場合も、星座の特徴を加味することが重要。

 

 

相性

【安・壊】
惹かれあうか、嫌悪感を感じる相手。しかし、最もお互いを高め合うことができる関係でもある。
安(危・亢・参)
壊(心・奎・柳)
要注意は、心。出会った瞬間から惹かれ、自分を見失って傷ついてしまうことがある。危はあまり攻撃的ではないが、亢は何かの拍子に歯向かってくるので、油断できない。柳はつかみどころがなくて苦手。

 

【栄・親】
気持ちが軽くなり、長時間一緒にいても疲れない相手。発展性はないが調和的。
栄(女・軫・畢)
親(箕・胃・張)
最も強い引きがあるのは、女と箕。女は好みが似ているところがあり、箕のグループは矢面に立ってくれる。畢はそれほど出会う機会が少ないが軫は縁が長く続く。

 

【友・衰】
価値観が似ていて、話が盛り上がる相手。楽しいが近づきすぎるとぶつかる。
友(尾・婁・星)
衰(虚・角・觜)
尾や婁がくっつきやすい。斗は少し距離感のあるほうが人に好かれるので、友衰の関係はどの星ともうまくやっていける。

 

【危・成】
思想は同じだがやり方が違う。お互いの個性を認め合えれば目標を達成できる関係。
危(室・氐・井)
成(房・壁・鬼)
室と房が大吉。壁は堅い面があり今一歩親しくなれないが、氐は一緒にいて楽しいので、同じ方向を向くことができれば発展する。鬼、壁もおとなしいので、縁が続きにくいが、自分磨きには良い相手。

 

【業・胎】
古い友人のように気心が知れている相手。手の内がわかるのでやりにくく感じる。
業(昴)
胎(翼)

 

【命】
似たもの同士、自分を客観視するにはいい相手。自分を反映してくれている。
命(斗)

※業胎命の組み合わせは、前世でやり残したことがある場合今世で出会い、そのカルマの解消が終われば自然と離れると言われている。

 

 

斗宿の有名人

目標に向かって努力するカリスマ。

小佐野賢治(国際興業バス)
ジェフ・ベゾス(Amazon)
大山倍達(空手)
京唄子(女優)
壇れい(女優)
中山美穂(女優)
松居一代(タレント)
南野陽子(女優)
三原じゅん子(政治家)
宮崎美子(タレント)
筧利夫(俳優)
田村正和(俳優)
吉岡秀隆(俳優)
ジョニー・デップ(俳優)
森田剛(V6)
諸星和己(光GENJI)
坂下千里子(タレント)
宜保愛子(霊能力者)
浜田雅功(お笑い)
今田耕司(お笑い)
内村光良(お笑い)
安室奈美恵(歌手)
堀内孝雄(歌手)
ドリアン助川(歌手)
阿久悠(作詞家)
渡辺喜美(政治家)
中曾根康弘(政治家)
オノ・ヨーコ(美術)
タイガー・ウッズ(ゴルフ)
ダルビッシュ有(野球)
上原浩治(野球)
前園真聖(サッカー)
田中マルクス闘莉王(サッカー)
マイケル・ジョーダン(バスケットボール)
マジック・ジョンソン(バスケットボール)
平尾誠二(ラグビー)

 

※ネット上での生年月日の記載が変更されるなどして、有名人の掲載が違う場合がありますので、ご利用する場合は必ずご自分でお調べください。