労而無功

ブログ

『労而無功』とは、

労多くして、功(成果)なしといって、

頑張ったのに、おもったような成果を得られないことをいいますが、

これを四柱推命に当てはめると、『劫財』になります。

しかしこの場合、『劫財』を持つ人物、ではなく、時期としてみたほうが正解です。

 

今年は『辛』年ですので、

『庚』の人が、『劫財年』です。

『庚』の人は、ただでさえ行動力があり思考も早いので、

やった分だけの成果が得られないと、

焦って、あちこち動き回る癖があります。

そんな自分の癖を知るいい機会が『劫財』時期ですが、

庚の人は一旦スイッチが入ってしまうとストップがきかないので、

その焦りが、6月、7月の『財』の時期に、散財という形で出ます。

これは、十干がめぐることで判断する、

10年周期の一つのサイクル論です。

吉凶は、本人が、

その経験をどうとらえ、どう生かしていくかで決まります。

運の善し悪しは本人次第。