しんかい

禅のおしえ

三途の川を渡れたか?

今日、父の四十九日の法要を、 最近の私の遊び場であった、袖ケ浦の真光寺にて行いました。 仏教では、 生から死への区切りをつける段階を7日ごとにもうけており、 その7回目の区切りが四十九日。 ようやく故人が三途の川を渡ることができるのだそうで...
禅のおしえ

両忘

【両忘】 両忘(りょうぼう)とは、 全ての二元対立的な考え方を忘れ去るということだそうです。 正邪、善悪、表裏、高低、天地、明暗、生死、苦楽、など、 よくよく考えてみたら、すべては、ひとつであって、 切り離すとか、比べるとか、選ぶとかできな...
禅のおしえ

宮崎奕保【若き仏たちへ】

永平寺の貫首をおつとめされていた 『宮崎奕保(みやざきえきほ)』さんが書かれた 【若き仏たちへ】という本があります。 その本を開くと冒頭に 「序章:禅は語るにあらず」という一行が出てきます。 私は去年、この本を手にし、この一行目を読んだとき...
禅のおしえ

タイヤがパンクしていた五七日

昨日、19日の金曜日は、父が没して5週目になります。 仏教では、この日を『五七日(ごなぬか)』とし、 故人がともに修行する『地蔵菩薩様』に祈るのだそうです。 地蔵菩薩は、人との出会い、関わり、付き合い、 恩恵などを見守ってくれる菩薩様のよう...
禅のおしえ

初七日は不動明王に会う

2月19日(金)15時57分に父は息を引きとりました。 この日は、私の日干支と同じ『戊戌』の日で、 この時間は、『庚申』時間でしたが、 おそらく、一刻前の『辛未』時間に、墓庫が開き、 お迎えが来たのだと、四柱推命では考え、 おだやかな旅立ち...