禅のおしえ

禅のおしえ

蓮の花芽

昨日は、ひさびさの坐禅会。 この日もとんでもない暑さで、 いくのをやめようかどうしようか 直前まで迷いながら、結局行きましたが、 なんと、参加者は私を含めて2名、でした。 坐禅なんて、ただ坐るだけなので、 いつでも、どこでもできると、 皆さ...
禅のおしえ

執着したもののために憂える

人々は、 わがものであると執着したもののために憂える。 (自己の)所有したものは常住ではないからである。 この世のものはただ変化し、消滅すべきものである。 (『スッタニパータ』805) こんな文章を転記したからといって、 私がそれを実行でき...
禅のおしえ

自分が自分でない

私には子どもがいる、財産がある、 と、(誇らしげに)思いつつ、 愚かな人は(それが失われないようにと)悩む。 しかし、すでに自分が自分ではない。 どうして子供や財産が自分のものであろうか。 『ウダーナヴァルガ』1・20 自分が自分でないとは...
禅のおしえ

無常迅速なり。

聖典講読で勉強したことを、 私なりの解釈でここに書いていきたいと思っているのですが、 学べば学ぶほど、言葉を失っていくような状態になり、 ブログのページを開いては何もかけずに閉じてしまう日が続いています。 先月から始まった『原始仏典をよむ』...
禅のおしえ

原始仏典をよむ

今月から、聖典講読の会(真光寺)のテーマが新しくなりました。 お題とする書籍は 奈良康明という方が書かれた 『原始仏典をよむ』です。 NHKの教育テレビ・こころの時代という番組で 奈良先生が講義をされていたそうです。 その時の教科書となって...